意外と身近に!わきがになりやすい生活を対策して

毎日の食生活を見直す!

日本人は外国の方と比べ、わきがの方の割合が非常に少ないのです。しかし、年々わきがに悩まされる日本人も増えてきました。原因のひとつは、欧米化した食生活。バター、チーズなどの動物性たんぱく質や、肉などの脂っこいものはわきがの原因になってしまう「アポクリン腺」が刺激され、汗や嫌な臭いが分泌されやすくなってしまうのです。特に昔はバター、チーズなどを食卓で取り入れる家庭が少なかったので、わきがの方も少なかったのもうなずけますね。毎日の食生活を見直してみることもおすすめです。

ストレス社会だからこそ!ストレスを溜めないで

女性も男性と同じように働く時間が増えたり、SNSなどのインターネットでの情報に心が揺らいだりと、現代はまさにストレス社会。実は、ストレスや不安でかく汗と、運動などで体を動かしたときにかく汗は汗腺が違うのです。わきがに深く関連しているアポクリン腺から分泌される汗は、精神的ストレスによるもの。できるだけストレスは溜めないことがおすすめです。臭っているかも…と気にしてしまえば、ますます汗をかいてしまうので要注意。

ホルモンバランスも影響する!

わきが予備軍の方は、ホルモンバランスが乱れてしまうとわきがになってしまう可能性もあります。特に顕著にホルモンバランスが乱れるときは、女性の妊娠や出産でしょう。妊娠や出産を機にわきがになってしまったという方も少なくありません。もともと耳垢が湿っていたり、親戚や家族にわきがの方がいれば、わきが体質になりやすくなってしまいます。しかし、ホルモンバランスが元に戻れば、自然とまたわきが予備軍に戻る方もいるのです。

わきがの原因はアポクリン腺という汗腺が原因となっており、動物性脂質を多く摂取すると特に臭いが酷くなってしまいます。